スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  ☆人気ブログランキングに参加しています。クリックで応援してください。
  人気ブログランキングへ


  蔵王温泉湯の宿 伊藤屋

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
Zao neiture view.

JUGEMテーマ:写真


  ☆人気ブログランキングに参加しています。クリックで応援してください。
  人気ブログランキングへ


  蔵王温泉湯の宿 伊藤屋

author:JIN, category:蔵王四季の自然, 00:20
comments(1), -
冬到来、美しい白銀の蔵王

JUGEMテーマ:写真

蔵王の山々の美しい白銀の世界がやってきました。12月8日スキー場開きを2日か後に控え見事に白銀の世界になりました。

積雪はまだまだほしいところではありますが、感動的な冬突入です。厚い雲から抜ける地蔵、散歩!間違い三宝荒神が雄姿を見せてくれた。夜は数人の熱狂的なお客様とJIN、伊藤屋恒例のThe Beatlesのメンバーレノンとハリスンの35回忌とレノン15息、偲ぶレコードコンサートを今年もやっております、レノン愛飲のoldparrを頂きながら。またfriendlyな米国への宣戦布告の日でもありました。複雑な日です。


  ☆人気ブログランキングに参加しています。クリックで応援してください。
  人気ブログランキングへ


  蔵王温泉湯の宿 伊藤屋

author:JIN, category:蔵王四季の自然, 22:00
comments(0), -
蔵王 初冬と晩秋

JUGEMテーマ:写真

蔵王山系も師走に入りました。何か降雪が数回あったけれど、温泉周辺の雪はすべて消えてしまいました。冬の表情をしてるのは1300m以上が初冬、落葉した樹木が立ち並ぶ晩秋の世界と蔵王の自然は二分されてるようです。常緑樹の赤実のイヌツゲが雪をかぶりながら真っ赤な実が唯一のヴィヴィッド垢でした。お地蔵さんや。わさ小屋前の山乳母はオシロイの塗りすぎてきな表情でお面白いね。イロハ沼の湖沼群は氷に閉ざされていた。地蔵岳のトドマツ群は霧氷の衣(エビのしっぽ)をはおっていたが、笹やぶには降雪が少なかった。いずれ銀世界に替わる。素晴らしいネイチャーシーズンチェンジ!

 

 

 


  ☆人気ブログランキングに参加しています。クリックで応援してください。
  人気ブログランキングへ


  蔵王温泉湯の宿 伊藤屋

author:JIN, category:蔵王四季の自然, 22:34
comments(0), -
美しい雪景色の蔵王温泉

写真通常の季節的には晩秋と程遠い厳冬の初冬となる蔵王連峰の寸景です。劣島?異常気象と云うべきか、この季節に雪とは無縁の関東地区あたりに冷やかし的な冷や雪を降らせたのに、雪国のメッカ蔵王山系、蔵王温泉街には、ほんの数センチの雪しか降りません。11月中は3回ほど積雪がありましたが、12度近くの高温と雨ですっかり消えたところに、この寒波で、美しい雪景色になりました。来月からのski本番までには、しっかり降ってほしいものです。上質な蔵王ならではの粉雪よ、たくさん降っておくれ!メルヘンチックな自然のウインターワンダーランド蔵王、皆さんこぞってお越しください、当館伊藤屋にもどうぞ!


  ☆人気ブログランキングに参加しています。クリックで応援してください。
  人気ブログランキングへ


  蔵王温泉湯の宿 伊藤屋

author:JIN, category:蔵王四季の自然, 00:08
comments(0), -
晩秋の蔵王国定公園

蔵王の秋山は御覧のように植物の部分的な美はうっとりする物もあったが、平均気温の高さゆえ、長い時間が紅葉期となった。

目に鮮やかな色どりはないと言っていいような景色で落葉を迎えた。紅葉の中の初雪の写真も取れずに終わった。熊野と地蔵が茶色の紅葉期に2,3度霧氷がついたが、すぐに気温が上がり焼失した。何と伊藤屋のハナレの庭にある白山しゃくなげのつぼみが膨らみつつじと共に数輪花が咲いてしまった。山もみじの葉はまだ緑が多く、色づくまでもう少し時間がかかりそう!植物が冬を意識してないようだ。でも11月突然冬将軍が来るかもしれない。樹木の雪囲い。も大方終了したのだが・・

 

 

 

 

JUGEMテーマ:写真


  ☆人気ブログランキングに参加しています。クリックで応援してください。
  人気ブログランキングへ


  蔵王温泉湯の宿 伊藤屋

author:JIN, category:蔵王四季の自然, 00:15
comments(0), -
蔵王連峰雲海の眺め

JUGEMテーマ:写真

梅雨の後半やはりぐずついた日が多くなった。でもその間隙をぬって絶景を拝められる時がある。 1500mを過ぎると日本海がわアルプスが雲海の上に姿を現す。やはり目前の朝日連峰や月山、鳥海。それに飯豊連峰が素晴らしくくっきりと見える。熊野岳に足を向けると終わりかけたツガザクラを除けばオノエランやコマクサが満開だ。また馬の背(約1里4辧砲火口周辺規制が解除された為、刈田岳ー熊の岳が歩行可能となっため、登山客が増えてきた。帰路は祓川古道をおりた。雄大な蔵王沢は高山植物、山野草が迎えてくれる。処が傾城岩下部、中丸山側川沿いが、赤茶けているではないか!元硫黄鉱山上部の樹木が一斉に枯れてる。シラビソに続きこちらも植物がダメージを受けてる。どうも人間の力では何ともならないと思うが、硫化水素ガスが噴出はしてたが、その量が増えたようだ。今年からは錦秋の沢蔵王沢にダメージが出ることになる。がっくりだ。

  ☆人気ブログランキングに参加しています。クリックで応援してください。
  人気ブログランキングへ


  蔵王温泉湯の宿 伊藤屋

author:JIN, category:蔵王四季の自然, 11:50
comments(0), -
蔵王国定公園の5月風景
JUGEMテーマ:写真
あ熊との競合でタケノコ採りも大変だ、雨も極少で大した豊作じゃないが、おいしいタケノコ料理の季節だ。入梅に入ったにもかかわらず、蔵王の山の緑は眩しくきらめいてる。蔵王山系最後のシウリザクラも満開だ。 お釜馬の背も堂々と散策できるように、規制が解禁になった。条件はそろった。みんなで美しい山並を見ながらトレックしよう。疲れた足には蔵王温泉の名湯と豊富な山菜料理と吟醸冷酒で身体を癒やそう。 宜しかったらステージで歌う感覚のsuperカラオケが無料で使用できる。 ご予約お問い合わせは 〒990-2301 山形市蔵王温泉21 旅館 湯の宿 伊藤屋 Tell023-694-9027 Fax - -9220

  ☆人気ブログランキングに参加しています。クリックで応援してください。
  人気ブログランキングへ


  蔵王温泉湯の宿 伊藤屋

author:JIN, category:蔵王四季の自然, 17:09
comments(0), -
美しい花園の蔵王
JUGEMテーマ:写真
ゲレンデを始め周りの山から雪の姿が殆ど消えてしまいました。例年より2週間も早いです。由って地面から美しい草花達が、いち早く姿を見せ始めました。福寿草、カタクリ、ショウジョウバカマ、キバナノアマナ、エンゴサウ、ネコノメソウ、ミズバショウ、そして皆さん見あきた桜の開花です。それもソメイヨシノなんて白っぱげた何処にでもある桜じゃないのだ。みやまざくら、八重ざくら、そしてピンクの強い大山桜が開花し始めた。ゴールデンウイークに花見は如何かな!山菜もいち早く出始めた。キノメ、シドケ、タラノメ、コシアブラ、ふきのとうや、ツクシなどどうでもいい、高級な山菜が取れ放題、山菜てんぷらやハワサビで蕎麦をたべたら都会の一流蕎麦屋の比じゃないよ! 春山の蔵王にお越しなされ、軽くの山を駆け巡って、伝統の強酸性温泉で湯治、サンゲン豚、蔵王牛と共に、特に当館伊藤屋では山菜満載の料理を提供しますよ!5月の3,4,5以外はOK.  どうぞオコシヤス・・ 

  ☆人気ブログランキングに参加しています。クリックで応援してください。
  人気ブログランキングへ


  蔵王温泉湯の宿 伊藤屋

author:JIN, category:蔵王四季の自然, 00:28
comments(0), -
地蔵岳ー鍋倉不動ー蔵王ダム残雪トレック
JUGEMテーマ:写真
等々雪の話題が消えさくら開花の話にメディアの話題は満開だ、しかし雪を楽しんだ山はまだ冬の余韻をしっかり残してる。そんな3月の末日に、捜索隊訓練でしか行かない地蔵岳から、鍋倉不動ルートにチャレンジ、蔵王ダムへとカンジキとアイゼンで向かった。空は雲が多いが青空が広がってる。地蔵尊の後ろから東に一直線、そのまま進めば切れたった断崖の八方沢だ、昔は蔵王山系の遭難の名所、視界が最高なので 極端な迷いはしないだろう、しかし針葉樹林帯に突入すれば迷路となるので侮れない。オオシラビソ、クロベ(ヒノキの仲間)が密集、視界が利かない。左手前方に雁戸を望みながらひたすら下る、雪はダレてカンジキの底にくっつく。八方沢の断崖がに右手に見え始める。滑落したら冷水にダイビング、心臓麻痺で即死につながる、要注意しながら広葉樹林帯に突入、ブナやみミズナラの巨木が連なる、クマダナも発見|間もなく雨降り山(通称)が見えてきた。ここにはロボット雨量計の施設があり、五郎岳から望める。ここはフラットな平原で昼食ポイントにもってこい、ビールを呷ってラーメンおにぎりが旨い。休憩後急な斜面を進む、高度も下がり、杉の木や唐松が見えてきた。鍋倉不動が見えてきた。久しぶりに参拝し、ひたすら急斜面を下りる。800mを割、雪も少なくなり、夏道が見えてきた。カンジキを外し深い沢の山道をひたすら下る、やがてカラマツ林の奥にエメラルドの湖水の蔵王ダムが見えてきた。でもダム湖の周りから駐車場まで2キロくらいあるので、山道を降りてもかったるい。昨日運んでた車に無事到着。振り返ると雁戸の山が威圧的に迫ってる。冬山最後のカンジキ行脚でした。三時半には蔵王温泉に戻りました。

  ☆人気ブログランキングに参加しています。クリックで応援してください。
  人気ブログランキングへ


  蔵王温泉湯の宿 伊藤屋

author:JIN, category:蔵王四季の自然, 01:18
comments(0), -
雪の世界がやってきました

11月下旬ようやく温泉街にも有難い雪が天下ってまいりました。当然湿雪ですが、10センチ程ですけど、茶色の世界よりゲレンデとしては有難いです。 が・・昨年の12月1日からの連日超大雪には
なってほしくないです、ゆっくりと程々に、降り積もってもらいたいです。今回は北海道の帯広あたりが湿雪大雪のようです。雪の始末ご愁傷様です。なんて言ってるとこの蔵王にも白い魔物がやってくるのかな、お願いだから来ないで…ゆっくりと積もってほしいこれ温泉住民の一致した声です。

  ☆人気ブログランキングに参加しています。クリックで応援してください。
  人気ブログランキングへ


  蔵王温泉湯の宿 伊藤屋

author:JIN, category:蔵王四季の自然, 23:30
comments(0), -