新春の雪景色

冬型の気圧配置になってはいるものの今シーズンは穏やかな冬と云えそうだ。昨年に比べると積雪量は6分の一程度、季節風も弱く樹氷の完成度も低い。スキー競技会がはじまっているが、積雪がやはり少なくポールを地面に刺す始末だ。これではレースが成立せず、積雪の多いコースを探してのレースとなってる、御覧の写真のように飯豊連峰に朝日があたってるシーンは見事だったが、雪は少ないように見える。中央蔵王の雪景色は遠目に見ては例年の冬景色だが、現場に赴くと積雪量の少なさを実感することになる。蔵王のゲレンデは全山リフト運行となり滑走可能となっているが、大事な愛用スキーやボードの滑走面に傷をつけないよう、十分お気をつけて滑って頂ければと願ってる。

  ☆人気ブログランキングに参加しています。クリックで応援してください。
  人気ブログランキングへ


  蔵王温泉湯の宿 伊藤屋

author:JIN, category:蔵王国定公園の自然, 13:53
comments(0), -
スポンサーサイト

  ☆人気ブログランキングに参加しています。クリックで応援してください。
  人気ブログランキングへ


  蔵王温泉湯の宿 伊藤屋

author:スポンサードリンク, category:-, 13:53
-, -
Comment