地蔵岳ー鍋倉不動ー蔵王ダム残雪トレック
JUGEMテーマ:写真
等々雪の話題が消えさくら開花の話にメディアの話題は満開だ、しかし雪を楽しんだ山はまだ冬の余韻をしっかり残してる。そんな3月の末日に、捜索隊訓練でしか行かない地蔵岳から、鍋倉不動ルートにチャレンジ、蔵王ダムへとカンジキとアイゼンで向かった。空は雲が多いが青空が広がってる。地蔵尊の後ろから東に一直線、そのまま進めば切れたった断崖の八方沢だ、昔は蔵王山系の遭難の名所、視界が最高なので 極端な迷いはしないだろう、しかし針葉樹林帯に突入すれば迷路となるので侮れない。オオシラビソ、クロベ(ヒノキの仲間)が密集、視界が利かない。左手前方に雁戸を望みながらひたすら下る、雪はダレてカンジキの底にくっつく。八方沢の断崖がに右手に見え始める。滑落したら冷水にダイビング、心臓麻痺で即死につながる、要注意しながら広葉樹林帯に突入、ブナやみミズナラの巨木が連なる、クマダナも発見|間もなく雨降り山(通称)が見えてきた。ここにはロボット雨量計の施設があり、五郎岳から望める。ここはフラットな平原で昼食ポイントにもってこい、ビールを呷ってラーメンおにぎりが旨い。休憩後急な斜面を進む、高度も下がり、杉の木や唐松が見えてきた。鍋倉不動が見えてきた。久しぶりに参拝し、ひたすら急斜面を下りる。800mを割、雪も少なくなり、夏道が見えてきた。カンジキを外し深い沢の山道をひたすら下る、やがてカラマツ林の奥にエメラルドの湖水の蔵王ダムが見えてきた。でもダム湖の周りから駐車場まで2キロくらいあるので、山道を降りてもかったるい。昨日運んでた車に無事到着。振り返ると雁戸の山が威圧的に迫ってる。冬山最後のカンジキ行脚でした。三時半には蔵王温泉に戻りました。

  ☆人気ブログランキングに参加しています。クリックで応援してください。
  人気ブログランキングへ


  蔵王温泉湯の宿 伊藤屋

author:JIN, category:蔵王四季の自然, 01:18
comments(0), -
スポンサーサイト

  ☆人気ブログランキングに参加しています。クリックで応援してください。
  人気ブログランキングへ


  蔵王温泉湯の宿 伊藤屋

author:スポンサードリンク, category:-, 01:18
-, -
Comment